home | architecture | 光と風を共有する家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光と風を共有する家

旗竿型の狭小地に建つ完全分離型の二世帯住宅.南北に設けた小さなテラスに穿たれた大きな開口は,一階と二階の中間の高さに設定され,ほどよく視線をコントロールしつつ,上下階に採光・通風を最大限供給しています.親子で光と風を共有する家です.
 
用  途:二世帯住宅
工事種別:新築
構  造:木造
規  模:地上二階
延床面積:118.45 sqm
設計期間:2010.11-2011.04
施工期間:2011.04-2011.09
撮  影:西川公朗(1・4-8・11-13)
     花岡慎一(2・3・9・10)
 
publication > KJ2012年8月号
                      HOUSING2016年10月号掲載
                      男の隠れ家2017年3月号掲載
 
product > 小物棚