home | architecture | スキマのある家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキマのある家

閑静な住宅地に建つ二世帯住宅の計画です.
水回りなどの機能諸室が入るコンクリートの箱を三つ北側に,二台の車を置ける大きな箱をひとつ西側道路際に,それぞれ間隔をあけて配置し,そのスキマを覆うように建蔽率ぎりぎりまで,鉄板のリブで構成された架構を乗せ架けるような構成となっています.
雁行,ヴォリューム間隔,吹抜け,梁間などのスキマやその周辺を,意識的にデザインすることで,同じ屋根の下で暮らす親子の距離や周辺の街との距離が,独立しながらもお互いの気配を伝えあうような心地よさを保てるよう意図しています.
 
用  途:二世帯住宅
工事種別:新築
構  造:RC+S造
規  模:地上二階
延床面積:284.75 sqm
設計期間:2007.05-2008.03
施工期間:2008.04-2009.06
撮  影:西川公朗
 
publication > 住宅特集2010年9月号掲載
                      建築知識2011年11月号掲載
                      home theater vol.49掲載
                      ダイキンエアスタイルコンテスト
                      2009優秀賞
 
product > 花梨テーブルオークテーブルコーヒーテーブル子供机書斎机ペンダントライトスタンドライトブラケットライト