home | architecture | 茅ヶ崎の家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茅ヶ崎の家

袋小路の行き止まりにある旗竿敷地という,クローズな環境に計画された三つの庭を持つ家です.暮らしの中心となる中庭の他に,周囲の家の庭と呼応するように空けた前庭と裏庭をつくることで,中心性を持ちながらも抜け感のある,開放的な空間を実現しました.吹抜のリビングと中庭を取り囲むように配置された三つの個室は,家族やまちに対してそれぞれの距離を持っており,将来の家族の変遷にも耐えうるフレキシビリティを備えています.
 
用  途:専用住宅
工事種別:新築
構  造:木造
規  模:地上二階
延床面積:107.21 sqm
設計期間:2017.01-2017.09
施工期間:2017.10-2018.04
撮  影:西川公朗